プロジエクト案内

AMA Japan エコロジー事業部ブランドづくりがスタート

お問い合わせ&ご注文は、(有)AMA Japan内「Net Shop ama-eco」まで。

プロジェクト履歴

第1期(2009年)【詳細】
たなつものプロジェクトから引き継ぎ
 2009年 2月 新商品発売開始
有機菜種油
有機そば粉
国産菜種油
小豆
大豆
5月 北海度剣淵にて有機小豆契約栽培開始
★商品化→有機小豆粉(有機ヤンノー)
6月 岩手県北上にてそば契約栽培(特別栽培)開始
★商品化→実そば
7月 有機JAS全粒微粉プロジェクト強化
有機JAS製粉申請をGNSに依頼
玄米、小麦、大麦、小豆、大豆、そば、その他
9月 国産有機100%ドレッシング企画
10月 えごまカプセル企画

 

第2期(2010年)【詳細】
2010年 1月 新商品発売開始
有機石臼挽き焙煎玄米粉
有機玄米珈琲
3月 新商品発売開始

実そば(特別栽培)
有機丸麦

4月 新商品発売開始

有機黒豆
心の酢(新規プロジェクト開発商品)

6月 (株)GNS 有機JAS製粉所(微粉ライン)認可
7月 新商品発売開始

有機小豆粉(ヤンノー)

11月 新商品発売開始

有機小麦粉(ユキチカラ)
有機小麦粉(ネバリゴシ)

 

第3期(2011年)【詳細】
2011年 2月 新商品発売開始

有機玄米粉
有機もち玄米粉
有機活性発芽玄米粉

3月 11日 東日本大震災
12日 東京電力福島第一原子力発電所にて水素爆発発生
政府、東京電力、原子力安全委員会等による放射性物質汚染情報の対応が遅れるなか、福島県産食品の風評被害が全国に拡大し消費者が不安感を抱く。
4月 5日 AVGF生産者会議
環境測定〈モニタリング〉を実施
土壌汚染浄化対策の検討会
11日 バイヤー会議
現在販売中各商品〈22年産3月12日以前収穫の各商品〉の放射性物質の分析は土壌汚染検査、原料検査,製品検査を実施し以下の分析結果にて報告とする。①国の食品衛生法上の暫定基準値(500Bq/kg)以下
②第三者公的機関(20Bq/kg)未満は不検出
12日 福島県から23年度の穀類、雑穀作付け認可あり
17日 現在販売中の22年産各商品を第三者公的機関にて放射性物質を分析
検査結果→全商品不検出(20Bq/kg 未満は不検出判定)
5月 12日 福島県(生産者・GNS)訪問
19日 AVGF生産者会議
23年産 播種開始
9月 6日 バイヤー会議
15日 特別栽培そば生産者訪問(岩手県)
16日 契約栽培雑穀生産者訪問(岩手県)
有機栽培生産者(菜種、大麦、黒豆、大豆、小麦)訪問(岩手県、青森県)
17日 一ノ関、気仙沼、南三陸、松島、各被災地訪問
18日 福島県訪問
29日 栃木県訪問
30日 福島県(生産者、GNS)会議
10月 1日 各生産者訪問。収穫前状況の作物確認。
2日 いわき市訪問。北茨城市訪問。
22日 NPO法人Leaf
福島復興農業支援「たなつもの」サポートイベント
【テーマ】「みえないものとつながる」
【場所】ゆうど
【講演者】
廣田祐介(Leaf 代表理事)
岡野玲子(漫画家、代表作 陰陽師)
はたりえ(言舞、オイリュトミー、ルドルフ・シュタイナ−教育者)
11月 5日 ダライ・ラマ福島講演会

 

第4期(2012年)【詳細】
2012年 1月 NPO法人Leaf設立に参画
理事に就任
2月 3日 NPO法人Leaf運営開始

【目的】
放射能汚染による実被害並びに風評被害で苦しむ農業生産者及び農産物業者に対して、農業の復興と再生に関する活動事業を行い、地域の環境及び土壌の徐染活動、農産物及び加工品の分析及び安全確認、又それらの販売支援を目的とする。

8月 新商品発売開始

有機黒豆珈琲

第5期(2013年)【詳細】
 2013年  2月 新商品発売開始

うずら豆

極小黒豆

 3月 FOODEXJAPAN 2103
福島県ブース訪問カナーン社(パレスチナ)ブース訪問(支援&会議)H24年岡山産えごま初出荷5日えごまパウダー
14日えごまぺースト
19日えごま油(生)えごま油(焙煎)
26日焙煎えごま
 5月 新商品発売開始

有機カナーンオリーブオイル(ルミ種) (パレスチナ産)

有機実そば

 6月 放射性物質検査結果の定量下限値を各核種5Bq/kg以下であれば販売可能と取引先関連から報告を受ける
 8月 新商品発売開始

有機もちきび

10月 新商品発売開始

有機小豆

有機大納言(小豆)

有機金時豆

12月 新商品発売開始

翻訳本「Cool Fusion」

22日「Cool Fusion」著者Edward  Esko講演会

第6期(2014年)【詳細】
2014年 1月 CIビル新社屋竣工披露パーティーに参画
 3月 新商品発売開始

有機ひえ

紅絞り(うずら豆)

7月 新商品発売開始

ポン酢「心の酢ゆず香(Yuzuka)」

第7期(2015年)【詳細】
2015年 3月 5日~15日 NPEW2015訪問
4月 1日 山本鎮子先生(元New Yorkマクロビオティックセンター主宰者)通夜
5月 新商品発売開始

有機もちあわ

30日 海の精(株)取締役会長 村上譲顕 お別れ会

7月 ポン酢「心の酢 ゆず香(Yuzuka)」(100%有機原料として再発売)

6日〜16日 GOMF訪問

第8期(2016年)【詳細】
2016年 1月 新商品発売開始

心のぽん酢醤油

3月 新商品発売開始

ビオ アインコーン スパゲッティ

7月 新商品発売開始

フンザグリーンティー

有機たかきび

11月 新商品発売開始

有機チアシード

第10期(2018年)【詳細】

 

福島農業復興支援商品(たなつもの)販売開始にあたり *販売は終了しました

平成23年度福島県産原料および同原料使用製品の販売支援活動
2011年3月12日以後、放射能汚染による影響で福島県産商品の売り上げが激減しています。

政府、県、行政の土壌汚染、環境汚染による除染対策が具体化しないなか、阿武隈グリーンファーム(AVGF)の生産者を始め、会津地域の有機栽培生産者は独自の対策により必死に頑張っています。

一方消費者は、国の食品衛生法による穀類の暫定規制値(100Bq/kg。2012年4月1日から実施。)に対し不安を隠せない現実が続いています。

放射能汚染問題の解決は今や福島県、東北,関東各県に留まらず、日本、世界、人類が安全に安心して生存するにあたり取り組むべき必須課題であり、核社会の廃絶を立証できる価値ある任務でもあります。

弊社は1986年に発生したチェルノブイリ原発事故から11年後に精査された世界一厳しい安全基準「ウクライナ基準」を指標としました。全ての原料および同原料から使用される製品の全てを検査し、20Bq/kg検出限界以下の場合のみ出荷となります。

平成23年度福島県産各商品は、「EMF211型Nal(TI)シンチレーション式γ線検出器測定」もしくは「ゲルマニウム半導体検出器測定」方法により「検出限界値(定量下限値)○○以下」又は「検出限界値(定量下限値)○○以下検出せず」という表示となります。

 

お知らせ
弊社は基本的には20Bq/kg以下を検出限界値に定め販売していますが、10Bq/kg以下を販売基準としているバイヤー各社には検定測定の際に時間をかけ、専門機関に測定依頼をしています。

*検出限界値(定量下限値)は検体や測定時間により変動します。
*分析機器や検体により±10Bq/kg程度の誤差が発生します。

1Bq/kg以下の検査を希望される場合「ゲルマニウム半導体検出器測定」による方法がベストですが、その場合、例として6Bq/kgが検出された場合、「10Bq/kg以下検出されず(ND)」という表示はでません。

その為、検出限界値(定量下限値)は10Bq/kg以下にての検査依頼がベストです。

各製品情報はQRコードを通じても製造者HPにて店頭で随時確認できます。

23年産検査済ラベルを貼付しての販売となります。

24年産以降の各商品も同様です。

また22年産(3月12日以前)原料使用各商品は22年産検査済ラベル貼付にて引き続き販売しています(2012年11月現在)。
お客様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが今後ともご配慮賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

福島農業支援プロジエクト商品リスト
①玉締め一番絞り えごま油(焙煎) 23年産 140g
②玉締め一番絞り えごま油(生) 23年産 140g
③たかきび 23年産 200g
④もちきび 23年産 200g
⑤もち赤米(夕焼けもち) 21年産 2㎏
5㎏
⑥有機玄米(こしひから) 23年産 2㎏
5㎏
⑦有機もち玄米(こがねもち) 22・23年産 2㎏
5㎏
⑧有機丸麦(三分搗き) 22・23年産 250g
⑨有機そば実 22・23年産 200g
⑩有機そば粉 23年産 300g

 【上記各商品取扱店】
(株)リマコーポレーション  TEL:0120-328-515

【 問い合わせ&注文先】
オーサワジャパン(株) TEL:03-6701-5900