プロジエクト案内

AMA Japan エコロジー事業部ブランドづくりがスタート

お問い合わせ&ご注文は、(有)AMA Japan内「Net Shop ama-eco」まで。

プロジェクト履歴

第1期(2009年)【詳細】
第2期(2010年)【詳細】
第3期(2011年)【詳細】
第4期(2012年)【詳細】
第5期(2013年)【詳細】
第6期(2014年)【詳細】
第7期(2015年)【詳細】
第8期(2016年)【詳細】

 

福島農業復興支援商品(たなつもの)販売開始にあたり *販売は終了しました

平成23年度福島県産原料および同原料使用製品の販売支援活動
2011年3月12日以後、放射能汚染による影響で福島県産商品の売り上げが激減しています。

政府、県、行政の土壌汚染、環境汚染による除染対策が具体化しないなか、阿武隈グリーンファーム(AVGF)の生産者を始め、会津地域の有機栽培生産者は独自の対策により必死に頑張っています。

一方消費者は、国の食品衛生法による穀類の暫定規制値(100Bq/kg。2012年4月1日から実施。)に対し不安を隠せない現実が続いています。

放射能汚染問題の解決は今や福島県、東北,関東各県に留まらず、日本、世界、人類が安全に安心して生存するにあたり取り組むべき必須課題であり、核社会の廃絶を立証できる価値ある任務でもあります。

弊社は1986年に発生したチェルノブイリ原発事故から11年後に精査された世界一厳しい安全基準「ウクライナ基準」を指標としました。全ての原料および同原料から使用される製品の全てを検査し、20Bq/kg検出限界以下の場合のみ出荷となります。

平成23年度福島県産各商品は、「EMF211型Nal(TI)シンチレーション式γ線検出器測定」もしくは「ゲルマニウム半導体検出器測定」方法により「検出限界値(定量下限値)○○以下」又は「検出限界値(定量下限値)○○以下検出せず」という表示となります。

 

お知らせ
弊社は基本的には20Bq/kg以下を検出限界値に定め販売していますが、10Bq/kg以下を販売基準としているバイヤー各社には検定測定の際に時間をかけ、専門機関に測定依頼をしています。

*検出限界値(定量下限値)は検体や測定時間により変動します。
*分析機器や検体により±10Bq/kg程度の誤差が発生します。

1Bq/kg以下の検査を希望される場合「ゲルマニウム半導体検出器測定」による方法がベストですが、その場合、例として6Bq/kgが検出された場合、「10Bq/kg以下検出されず(ND)」という表示はでません。

その為、検出限界値(定量下限値)は10Bq/kg以下にての検査依頼がベストです。

各製品情報はQRコードを通じても製造者HPにて店頭で随時確認できます。

23年産検査済ラベルを貼付しての販売となります。

24年産以降の各商品も同様です。

また22年産(3月12日以前)原料使用各商品は22年産検査済ラベル貼付にて引き続き販売しています(2012年11月現在)。
お客様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが今後ともご配慮賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

福島農業支援プロジエクト商品リスト
①玉締め一番絞り えごま油(焙煎) 23年産 140g
②玉締め一番絞り えごま油(生) 23年産 140g
③たかきび 23年産 200g
④もちきび 23年産 200g
⑤もち赤米(夕焼けもち) 21年産 2㎏
5㎏
⑥有機玄米(こしひから) 23年産 2㎏
5㎏
⑦有機もち玄米(こがねもち) 22・23年産 2㎏
5㎏
⑧有機丸麦(三分搗き) 22・23年産 250g
⑨有機そば実 22・23年産 200g
⑩有機そば粉 23年産 300g

 【上記各商品取扱店】
(株)リマコーポレーション  TEL:0120-328-515

【 問い合わせ&注文先】
オーサワジャパン(株) TEL:03-6701-5900