プロジェクト案内

「生産+加工」一体型のエコ&オーガニック プロジェクトがスタート

生産者グループ・阿武隈山麓グリンファーム(AVGF)、雑穀・穀類・精選・製粉、オーガニック搾油製造メーカー・(株)GNSを中核とした地域環境保全型プロジェクトのオーガニック市場開発企画社 (商品企画、マーケティング、プロデュース、コンサルタント)として参画。

福島県の阿武隈山麓の南部地帯に位置する東和町、三春、船引地域一体は古く縄文時代から「えごま(荏胡麻)」の産地で有名です。

2000年にこの地域を訪問した事がきっかけとなり、地元東和町(現二本松市)の 生産・加工メーカーを含めた環境ネットワークのご縁ができ始めました。

その後の交流を介して地元住民がこの山麓の環境保全と古代から伝承されている「えごま」の食文化保存に強い姿勢がある事を知ります。

2004年6月、(有)木羽屋製粉代表取締役社長の広田育三氏との再会にはじまり、食・農を通じて過去数年における広田社長のグローバルかつエコロジーの視点での地域経済支援活動に賛同致しました。

結果、山間地域経済支援活動の一環として東和町の「えごま」プロジェクトに参画させていただくと同時に環境保全型循環農業から雑穀・穀類生産を中心とした生産グループの組織化、商品開発の共同プロジェクトを開始する運びとなりました。

2004年9月、「えごま」を中核とし、雑穀(きび、ひえ、あわ、高きび)、穀類(小麦、そば等)の生産→精選→製造から成る「生産+加工」一体型のエコ&オーガニックプロジェクトがスタートしました。

えごま

えごま

高きび

高きび

阿武隈山麓グリンファーム(AVGF)
(株)GNS
NPO法人Leaf 

プロジェクト履歴

第1期(2004年)【詳細】
第2期(2005年)【詳細】
第3期(2006年)【詳細】
第4期(2007年)【詳細】
第5期(2008年)【詳細】